ヤスミン

禿げてきたので育毛をはじめる Archive

髪質に合う「育毛シャンプー」の購入方法は!


SPONSOREDLINK



髪質は個人差がありますネ!
細かく分ければかなりのタイプになるのでしょうが、大きく3つのタイプに分けてみました。 

女性乾燥毛の人は、髪がパサつき、フケが多くでるようですが、皮脂が少ないので汚れにくいというような利点もあります。
濡れ毛の人は、シャンプーの後1日2日で髪が湿ってきます。皮脂の分泌が多く薄毛、抜け毛の多いタイプです。
普通毛の人は、何もしなくても髪の毛が脂っぽくならず、枝毛にもならない健康体の髪の毛です。

「育毛シャンプー」は頭皮や髪にやさしい植物系やアミノ酸系のものを使っているのが多く、頭皮が傷つかないものを使っています。
髪質にあったシャンプーを選ぶということは、その中に入っている成分で選ばなければなりません。
乾燥毛の人は、オイルや椿油などの系統が入った「育毛シャンプー」がお薦めです。皮脂の乾燥を避けるのに保湿成分も必要です。
濡れ毛の人は、皮脂の成分の分泌を抑える植物エキスかハーブ系の「育毛シャンプー」を選びます。
普通毛の人は、健康な髪なのでお好みの「育毛シャンプー」を選ぶことができます。

どのシャンプーでも自分の頭皮に合わなければ意味がありません。
「育毛シャンプー」の最大の目的は洗髪しながら育成環境を整えるということです。
頭皮にある傷やかぶれなどにダメージを与えず、汚れを落とし皮脂は守ります。

「育毛シャンプー」はそういった方法で作られているのですが、購入者の体質により製品が合わない場合も有りますので、ネットや通販などの「合わなければ全額返金!」などの製品を試してみることをお薦め致します。




≫ いつも健康ブログのTOPへ

SPONSOREDLINK


髪の毛はどのくらいで生えるのか?


SPONSOREDLINK




髪の毛はどのくらいで生えるのか?

青春時代の髪の毛は男性で理髪店に通うのは月1回ぐらい、私もそんなサイクルでした。しかし長髪にしていると20~25日で散髪しないと形が崩れて見栄えがよくなくなります。
これは青春時代のこと、髪の毛が多くてしょうがないときの事でした。
今は違います。私の場合は60歳前後から頭のてっ辺が薄くなってきました。頂上チト後ろに旋毛(つむじ)が二つありその間は毛が少ないのです。でもこの時期頃から周りも薄くなってきたようです。

0-54さて、本日のテーマ。髪の毛の生えるサイクル(ヘアサイクル)はどうなっているのでしょうか。
髪の毛は約10万本(個人差あり)。1日に約0.3mm~0.5㎜伸び、50本~100本ほど抜けるようです。この抜け毛と成長で常時10万本を維持しています。
ヘアサイクルは約2~5年かけて成長し、約2~3週間で徐々に成長が止まります。その後約3ヶ月で抜け落ちるサイクルとなります。
髪の毛は常時約10万本を維持していますがその内10%程がリサイクル対象であります。
1日に50~100本の抜け毛があっても普通ではないでしょうか。心配する事はありません。ヘアサイクルがあることは古い毛は抜け新しい毛が生えてくる事で本数をおぎなっていることだと思います。
新しい髪の毛は以上の流れをえて3ヶ月から4カ月で生えてきます。
問題はそのヘアサイクルのバランスを崩すことまた異常をきたすことで抜け毛が増え、新しい毛が生えてこない事ではないでしょうか。

育毛を行い早くボリュームの出た人は細い毛が太くなった事ではないでしょうか。新しい毛が生えてくるに必要な期間を得ないと髪の毛は増えてきませんので育毛は半年以上の毎日続けなければ効果は期待できないでしょう。また、1日にどのくらいの回数と量をするかによっても違いますし、遺伝や年齢によっても違うと思われます。
しかし、育毛をしない限り頭髪は増えてきません。経験者や育毛剤会社の説明を確認し頑張ってみることが必要です。

» 「いつも健康ブログ」のTOPへ

SPONSOREDLINK


シャンプー時に『頭皮ケア』をするんですネ!


SPONSOREDLINK




育毛は毎日のケアが必要です。
毎日のケアをシャンプーする時に一緒に行ったらよいのではないでしょうか。 

シャンプーで育毛を直接的にする事はできませんが、シャンプーする時に頭皮ケアを行うことはできます。
シャンプーで洗う際に及ぼされるダメージや無駄な抜け毛を最大まで抑え、さらに育毛環境を整える為に無駄な皮脂等を取り除き、頭皮を清潔に保つ。
これがシャンプーに求める要素の最も大切なポイントではないでしょうか。 

0-02悩みの原因となりえる頭皮の刺激、毛穴の詰まりをケアできれば様々な悩みをもっと軽減できます。
頭皮に余分な刺激を与えないこと、無駄な汚れを取り去り、健康的な頭皮環境を作ること。
シャンプー製品でよく見られる、洗い終わりがギシギシ&バサバサになり、潤いが失われてリンスコンデショナーを使用しそれでさらに毛穴が詰まりやすくなる、これでは悪循環が生まれてしまいます。

シャンプーで育毛ケアをしながら頭皮を清潔に保つことができる、これは一石二鳥で最高です。

 




» 「いつも健康ブログ」のTOPへ

SPONSOREDLINK


髪の毛・マッサージは健康な頭皮を作る


SPONSOREDLINK




頭皮マッサージをすることは、育毛にとても良い環境を作ります。

間違ったケアをすると、抜け毛や薄毛などに深刻なダメージを与える恐れにつながりますが、正しい方法で頭皮マッサージをすれば、血行がよくなり、頭皮全体に栄養が行きわたります。

毛穴が詰まると、毛を作る機能が弱くなり抜け毛や薄毛の原因にもなります。

0-57髪を洗い、頭皮マッサージを行いながら育毛剤でケアする事は薄毛の方には必要ではないでしょうか。

ではどのようにマッサージをすれば良いのでしょうか。

爪を立てずにあまり強くない力を指先に入れ、下から頭頂部へまた円を描くようにすると良いようです。この時できれば親指以外の4本の指で行いましょう。

⇒ 8ヶ月、毎日使っています。




» 「いつも健康ブログ」のTOPへ

SPONSOREDLINK


髪の毛・睡眠時間


SPONSOREDLINK




髪の毛は睡眠時間と関係ありますよ!気をつけましょう。

熟睡しましょう

熟睡しましょう



仕事が毎日忙しかったり、寝る前に心配事があったり、マージャン等で夜更かしし睡眠時間が少なくなると、成長ホルモンの分泌と同様に髪の毛は夜間に成長するといわれるので、寝不足は大敵です。

出来れば午後10時ごろには就寝しましょう。

睡眠不足が続くと細胞分裂が低下しやすくなり、頭皮の血流も悪化し髪の毛の成長にも影響しますよ。

 

» 「いつも健康ブログ」のTOPへ

SPONSOREDLINK